優秀すぎるので、うちでは採用できません

MARCH出身・帰国子女・海外留学経験あり・TOEIC990点 TOEFL iBT108点・翻訳実務経験あり・翻訳/多言語ドキュメント制作関連中小企業を中心に語学力や翻訳の経験を活かせる企業を志望
東京だけでなく広島、大阪、神戸、静岡、名古屋、と語学力を重視する企業があればどこであろうと受けに行ったが、最高でも2次面接止まりだった。
説明会やGDやグループ面接で他の志願者と話をしても自分より語学面でのスペックの高い人なんていなかったのにどうして就職が決まらなかったのか、いまだにわからない。
http://anond.hatelabo.jp/20130307163322


要望に合わないと、優秀でも採用されない

理由を問い合わせるのが、一番よいと思うんですね。真剣に相手が理由を聞いて来れば、相手も人間なので本当の事らしきことをいてくれることが多いです。

優秀なのも単なる一つの条件であって、他の要件もクリアしないと普通は採用されませんね。

また、語学がそこそこで、別の能力を持っている人を採用したいと考えている場合もあります。翻訳業務自体は、派遣や外注でこなせばよいと考えていれば、社員に翻訳の能力はそれほど必要ないわけです。

普通に考えられるのは、「語学面でのスペックがそれほど高くてもよいという採用基準」だということ。そして、ほかの採用基準をクリアできなかったということ。


社風に合わない

・社風に合わない
・既存の社員と上手くやって行けなさそうである
・使いこなすことができない人(独断で仕事をしそうな人)

そういう人も、どんなに優秀でも普通は採用されませんね。

職種などによっては

・見た目が悪い
・感じが悪い

というだけでも、即不採用

中小企業

採用枠がもともと少ないので、中小企業だからと言って簡単には入れるとは限らない。また、中小企業のほうが優秀な人が入りにくい傾向になぜかあります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。