就活に困らないために事前にやったほうが良いこと 【時事問題対策】

新聞を取って、毎日読むこと。今はネットで情報が入るが、やはり紙ベースでプッシュ型の情報は必要。テレビのニュースだと映像のインパクトは強いが、すぐに記憶から流れてしまう。ネットだとどうしても自分の興味に偏って世界が狭くなる。ヤフートピックはプッシュ型だが、情報が浅く偏っている。大学図書館などで新聞を読む手もあるが、自分で購読したほうがいい。取るのは読売、朝日、日経のどれかで、1面から読むこと。テレビ欄から逆に読んでいく人がいるが、3面記事から読むと重要な政治経済の話が頭に入らないのでやめたほうがい。
http://anond.hatelabo.jp/20130309133408


NHKの夜7時のニュース(30分)
http://www9.nhk.or.jp/news7/

クローズアップ現代(30分)
http://www.nhk.or.jp/gendai/


自分自身で新聞を購読しても、重要な政治経済の話なんて頭に入らないです。参考書買ったら、勉強できるようになるのなら、新聞購読する意味はあるけど、道具をそろえた程度では、無意味。

そこでお勧めの方法は、TVをただ見ること。NHKの7時のニュースを見てる程度でOK。あと、クローズアップ現代の最初の5分と、最後の5分程度をみて知ったかぶりになっておけばOK。ニュースも前半の10分程度見るだけでOKだと思う。

記憶になんて残らなくても問題ないです。就活直前に追い込むとしても、一度見聞きしておいた内容は、たやすく脳に入りやすいんですね。

政治経済ネタは必要とはされない

就職先にもよるが、普通?はそんなに政治経済ネタが必要とはされない。特に政治ネタは、思想信条に関わるので深いところまで要求なんてされないと思う。また、NHKみたいなことをいておけば、問題ないわけです。

ここで、自分自身の考え方などが必要などというのは、勘違いです。そもそも自分自身の考えよりも、企業の考えを察して、それにあう答えをする方が就活では有利です。

大学生活は、有意義に過ごしましょう

就活を始める半年から1年前から、このあたりの番組を週に半分程度見ていれば、何とでもなるので、大学生活はもっと楽しく有意義なことに時間を費やすべきだと思います。

引用先みたいに、正しすぎる大学生活は、その後の人生を不幸にする可能性があります。

一緒に仕事をする仲間として、真面目な人は歓迎されるけど、正しくて硬すぎる人は一緒にいて息苦しいので嫌だと思う人も多いでしょう。人間味のない人とは仕事をしにくいと感じる人も多いでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。