地雷がありそうな「キーワード」

「自由な社風」
なんて会社は存在しませんし、もし求人広告に書いてあったら全力で逃げ出してください。
「自由な社風」なんて存在しない


・自由な
・アットホームな雰囲気
・安定性
・成長できる
・成長を実感できる
・経験を積める
・前向きな
・初任給が高い
・未経験でも可
・未経験でも親切に教えます

社風という言葉がつけてもつけなくてもいいけど、地雷がありそうなキーワードというのはあるのはあると思います。

「自由な社風」って書いてるだけで、逃げ出す必要はないとおもうけど、
言葉のイメージだけで無くて、具体的にどういうことなのか?とか
その会社の規模(体力)で実現可能な話なのか?とか
見極めが大事かと思います。

アットホームな雰囲気というのも、嘘じゃない場合も多いんですが、
社員同士が仲良すぎて、輪に入れなくて逆に困ったことになったとかそういうのもありがちです。

なぜ、地雷がありそうなキーワードというのが存在するかといえば
・体力がない会社(小さい会社、ベンチャー企業、人気のない業界)
・イメージだけで、具体的なものを示さなくてもよい
というこの2条件を満たすと、そういうことになりそうです。

アピールポイントが、金もかけずに出来るってところに、地雷になりかねないところがあると思う。
例外は、初任給が高いとかそういうのですけどね。

ただ、初任給が高いというのも地雷になりがちです。
初任給は高いですが、年収は普通かそれ以下ですというのが事実だったら、地雷でしょう。

そう、体力(金)のないところが、実現できるものかどうかっていう話も重要な要素なのです。

成長できるというのも、
頑張れば成長できるよと言う話に、体力(金)のないところはなりがちで、
大手が、研修などをして人を育てるのとは、ぜんぜん性質が違うのがわかるでしょう。

ただ、受け身で無くて、自発的に(というかそうしないと生きていけないから)する成長なので、効果が高いっていうのは嘘ではない場合もあるでしょうが、それは、求職者が望む成長でないかのう性はあるかとは思います。

※大手とか、マトモな会社でも、上記の言葉を使ってるところがあるのは、調べたらわかるかと思う。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。