志望動機とか、自己PR欄って、面接時の話題提供だと思ったら書きやすいと思うよ。

志望動機→金のためだろjk
自己PR→確認しようがないから嘘ばっかり 嘘をつくのが上手いやつが有利
就活で、志望動機とか自己PRとか書かせるのやめにしよ? な?


・志望動機は、相手に好かれるために書く
・嘘を見抜けないほど、面接官はバカではない

志望動機が、生活のためで金のためですでも、面接をパスできる人たちも実はいるんですね。でも、それは普通の人には無理なんで、建前みたいなものを書くのが無難でしょうって話だと思うよ。

他の会社ではダメな理由を書かないとダメなわけでもなくて、条件にあう会社の一つでしたでも十分なんですよ。

まあ、逆の立場になった時に、採用しようとおもうかとか、一緒に働きたいとおもうか?という部分が大事じゃないかなぁと思う。

・お金のためです
・自己PRとか志望動機とか欠かすような会社はクソです、無駄です

みたいな人と一緒に働きたいか?です。
まあ、一緒に働きたいという人たちもいるだろうし、そういう会社もあろうとは思います。

そういうのが希望なら、そういう会社を探して、そういう会社に入ればいいわけです。

履歴書を手書きでないとダメとかやめてほしいとかと同じですよ。
手書きでという指定がないのなら、パソコンとかで印刷したものを出せばいいわけです。

それで不採用になっても、そういうところには行きたくないんだからOKなんじゃないですか?
いやいや、不公平だ、手書きだったら入れるんだったら、手書きにしますって言う話なら、文句言わずに手書きにすればいいと思うんですけどね。

みんなの好きな?欧米でも、自己PRとか志望動機はさすがに書くんじゃないかなぁ。

擦れた考えは、不幸になるよ

若いと特に・・・。
ある程度年齢がいって、擦れてるのは仕方がないと思うし、普通。

悪いことは言わないから、嘘つかなきゃ通らないって思わない方がいいよ
世の中もうちょっとちゃんとしてるし、ちゃんとした部分に手が届かない実力しかないなら、己を呪いなさい。
悪いことは言わないから、嘘つかなきゃ通らないって思わない方がいいよ 世..


僕もそう思う。

調子が良くて嘘がうまい人が、採用されやすいかというと、
業界や職種による部分もあるけど、微妙なんじゃないかなぁと思う。

逆にそういう調子よくて嘘がうまくないとダメなところは無理なら、違う業界や職種を探すべきでしょう。

営業でも、
ノリだけで営業できるところと
そうでないところがあるよとしかいえないけど・・・。

許される嘘と、そうでない嘘がある
嘘をつかないと採用されないとしても、そのさじ加減をできない人は採用されない。

嘘だと分かっていてもあえて追求しない、黙認するケースもあるでしょう。
バレてないかもしれないが、そうだとは言い切れない。

新卒なんで・・

・志望動機
・自己PR欄

中途採用の場合は、上記の部分なんてあまり重要視されないです。
新卒なんで、職歴もなく、ほかに何もないので、そのあたりを書くしかないわけですよ。

自己PRでも、今までやってきたことを中心に書くわけで、中途採用なら職歴が書いてあればそんなのいらないわけですね。
また、志望動機にしても、その会社でないとダメなんてことは重要視されずに、前の会社はなぜ嫌だったのかみたいな部分が重要視されると思う。

中途採用の人は、同じ土俵で話している場合が多いので、いろいろ建前みたいなものも必要ない場合が多いと思う。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。