ぼくらの就活ノート

本音で語る就職活動のあれこれ

花がある人よりも、実のある人を選ぶ

[基本的にはまず学歴で落とす] [出来る人よりも失点のない人を] [コネは案外きかない] [単身世帯はかなりハンディ] [意外と顔では選んでいない] [資格技能はあくまでプラスアルファ] [社交性は重要] [ビジネス書よりも古...

就職に勝つためには、決定打(決め手)を持ちましょう

実際就職活動はとても不条理なゲームだ。努力を行ったところでスコアが上がる程度はおそらく知れているし、元々そのゲームのスコア自体がほとんど運に任されている。実際に就職活動を終えた人の声を聞いてみたらいい。あれはほとんど運だった、とみんな口を揃...

コミュ障で大手企業に行けなかった時の考え方

僕の就活は零細企業一社内定という最悪の形で終わった。国立中堅電気系というスペックを持っていたが、それをありえない程のコミュ障が帳消しにしてしまった。周りが大手企業に内々定をもらっている中、自分だけ名前も知らない企業へ就職することが恐ろしくて...

就活に必要なのは、相手を「納得させる力」であって、自身が「納得する力」ではない

「ここの企業かここの企業で推薦で進みたいと思っています.」 と伝えたら,その理由を求められてとりあえず話した. すると自分が以前受けていた会社の一覧を見ながら, 「君は何がしたいの?色々と会社を選んでいるけど,有名企業ばかりで統一...

手書き履歴書に対する考え方で、就活の合否がわかるかも

手書きの美しい履歴書を20分掛けて拵えて「ふー、よく頑張った!」と満足する人よりも、「なんでこんな無駄なことやらなきゃいけないんだ…デジタルでよくね?」と怒りを覚える人の方が、これからの時代にふさわしい人材です。 前者は「問題意識を持...

面接が3回などの複数回行われる意味を考えると攻略しやすい

面接の意味を考えると、攻略しやすい転職者の場合のほうがわかりよいと思うので、転職者の採用面接で説明します 1.人事部の面接(面談) 2.配属予定の職場の面接 3.経営陣の面接 人事部の面接で、社風に合いそうか、人物的にそれほ...

就活生は、「平凡である強さ」で自信を持て

就活中つきまとうのが、「自信のなさ」。自分が普通の大学生に思えてしまい、なかなか過去の経験と向き合えない人が多い。そんなときはどうすれば良いだろうか? 第3回の今回は、より具体的で今すぐ始められるアドバイスが満載! これを読まずして就活はス...

ページ12345678910