履歴書は事前に手書きで数十枚書いておきましょう

手書きで作成した履歴書とPCで作成した履歴書、採用する側はどのように見ているのだろうか。「手書きが有利」と答えたのは28.7%に対し、「PC作成が有利」は3.0%。「両者に全く差はない」(68.3%)と答えた人が多かったが、手書きの履歴書での応募を有利に扱う企業が多いようだ。

Business Media 誠:履歴書はやっぱり手書きが有利? 新卒採用の都市伝説


日本では手書きが手堅い

手書きなんて非効率で、合理的でないという意見を持っている人もいるでしょう。しかしそんなことにこだわってはいけません。

ラブレターを送るときはどうしますか?
1.手書きの手紙を手渡し
2.ワープロ打ちの手紙を手渡し
3.手紙を郵送
4.携帯メールで送る

もらう側のことを考えてください。人というのは、手間がかかることを評価する部分があります。また簡単にできることで、相手に思いを使えるのは難しいのです。

ラブレターでなくて、詫び状のようなものでは?
それもビジネスでなくて、プライベートなものではどうでしょう?

ここで重要なのは、あなたの価値観でなくて、相手がどういう価値観の人なのかと考えるところです。

新卒の就活している人はビジネスマン(社会人)と認めていないところがほとんどだということも考えたほうが良いです。無条件にビジネスライクな論理を適用するのも危険なんです。


履歴書に手書きを要求する会社は、問題がありそうと考えるのは早計

決めつけは良くないですね。選択肢の幅を狭めてしまいます。書類選考に通り、面接などを受けながら、その会社の雰囲気などを観察して決めても遅くはないのではないでしょうか?

じゃぁ、ワープロ打ちの履歴書でOKというところは、問題がない会社なのでしょうか?手書きの履歴書なんて無意味と考えていて、手書きの価値を評価しないところだったとしたら? 成果の出にくい頑張りは評価しないところかもしれないという可能性だってあります。

現状の様な就職が厳しめの時は、選択肢の幅を自分から狭めるのは損ですし、また選考にとおってから、あとから選択するほうが得なのがわかるでしょう。断るのは自由なんですから。


手書きの履歴書は時間がかかるので事前に準備しておく

少しでも書き間違いをすれば、その履歴書はごみに捨てるしかないからです。修正液とかはもちろんダメです。

ということで、手書きの履歴書を事前に大量生産しておくことをお勧めします。ただし、志望動機、自己PRなどの欄は空白にしておくほうが良いでしょう。

志望動機、自己PRとかは、就活している内に変更することも多いというか、就活が上手くいかない人ほど変更すべき個所だからです。

今の時期は、そこ以外のところを埋めたものを多めに用意しておくと、いざ使う時に自己PRとか志望動機を書くだけでよいので時間短縮できます。

もちろん自己PRや志望動機を書いたものを用意しておいてもよいです。

履歴書の書き方も工夫の余地はある

たとえば、大学を5年過ごしたとか、中退したとかの場合に、ただその事実を書くだけでなくて、「家庭の事情により中途退学」のように書くべきでしょうね。

これを志望動機や自己PRの部分に書いてもダメです。

学歴のところをみて年数を確認するところの近くに、情報がないと書類選考で落ちてしまうということがあるからです。

中途退学と書いた1行下に簡単に理由を書いておくとかでも良いんです。
不利な要素を持っている人は、なるべく不利にならないようにするのが就活の一つのコツです。

ここで、履歴書の正式か書き方に外れるとかそういう心配をする人もいるだろうし、悩む人もいるかもしれません。

しかし、普通にしていては不利な場合に、履歴書の書き方をすこし外れるのが不利なのか、そのままの状態のほうが不利なのかをよく考えるべきです。この場合は、明らかにそのままの状態にしておくのがかなり不利です。


手書きの履歴書にこだわることもない

手書きの履歴書を用意できない場合、緊急の場合などは、ワープロ打ちの履歴書を使えばよいわけです。現代では、ワープロ打ちの履歴書も問題なく認められます。

昔でいうと、手書きの履歴書が用意できなくて、履歴書のコピーを送って後から手書きの履歴書を持参するなどするとかと同じ感じでしょう。

手書きの履歴書の問題

・自分勝手な都合を押し付けていないか?
・周りとの協調性は大丈夫か?
・建前と本音をTPOに応じて使い分けれるか?

そういう部分も重要なわけで、手書きかどうかでなくて、そういう根底に流れる考えがほかの行動にも出てしまうので、結果として不採用になる学生にはこういう傾向の人が多い結果になりがちなんです。

手書きで書いても上記がダメな場合は、不採用になりかねない要素が高いわけです。

面接官の判断基準は?

経営者でなくて、面接官などの従業員がほしいと思う人材は、扱いやすい人なんです。

一緒に仕事する立場になればわかると思います。バイト経験があるのなら、どういうバイトの人と仕事するのが楽だったでしょうか?仕事の改善を提案するバイトですか?

経営者がほしいと考えている人材とその従業員(社員)は考えている人材とは微妙なずれがあるんです。しかし、経営者ランクの人が出てくるのは、最終面接などの場面です。


手書きの履歴書を書くのは時間がかかります

手書きの履歴書を書くのは時間がかかるからこそ、忙しい就活活動ではワープロの履歴書でよいのではないか?となりがちですが、履歴書でなくて、それが会社の下調べだったらどうか?ということです。

いくら忙しいからと言って、ある程度、その会社のことを調べずに面接を受けるのは、不利でしょう。また、忙しいので調べてきませんでしたというわけにはいかないのはよくわかるかと思います。

人によりますが、数十社受けてるとしても、面接では数社しか受けてないとか、御社が第一志望ですというスタンスで臨むわけですから、そのスタンスにあった行動の結果を求められるわけです。

相手側は、うちしか受けてないのに、ワープロで手抜きなんかなとかそういう身勝手さがあるわけです。

でも、それは会社に入って会社の色に染まればわかりますが、会社の悪口を言われるとムカつくようになるのと同じなんですね。それがわかりにくいのなら、家族や恋人の悪口でもよいでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。