ぼくらの就活ノート

本音で語る就職活動のあれこれ

戦略・考え方

就活のやり方は人による、効率の良い正解はない

気負い過ぎて、オーバーワーク気味になったら、効率は考えないといけないとは思う。 それは転職活動も同じ。 成功体験から、偉そうなことを言う人たちもいるけど、時期と運が良かっただけの可能性も高いから、話半分に聞いておおいたほうが良いよ。...

本名ブログで余計なことが書いてあると、就活で失敗するという嘘

・40社受けて内定ゼロなのは本名ブログで余計なことを書いているからでは? - 情報の海の漂流者 ・メンバーの就活生がまずいことを書いても止めないブログカレッジ - 情報の海の漂流者 結果論にしか過ぎないと思う。 ブログで本名を公開...

「絶対、内定できる方法」なんてないのに、つい信じてしまう心理について

この世の中に「絶対」なんてことはないというのは分かっていても、ついそういう記事を信じてしまうのが人間かとは思う。 これ、「絶対に儲かります」だと怪しいとおもえても、「絶対に内定できる」だと、そんなに怪しく思えないんですね。 これ...

就活エージェントは、会社名を教えてくれるだけと思った方がよい

・フレームワークを使ってそこまで複雑ではないWebアプリケーションや簡単なAndroidアプリを個人開発してたぐらいの開発力 ・少しだけエンジニアでインターンやってた しかし、面接は思うように進まなかった。 次第に自分の心も折...

就活で、鬱に苛まれたり自殺しようと思ったりするのは、「キレイな嘘」が原因かも

流れに乗って生きていくのには、あまり強さは強さは必要ないけど その流れに乗れない、弾き飛ばされた人は、強さ(覚悟)がないと生きていけないというのが現実だと思う。 まあ、現実を認識して、覚悟を決めるまでは多くの人ができると思うんだが、...

就活に失敗した人の多くは、わらしべ長者的行動をとっている

就活に失敗しても、絶望しても何も始まらない 就活に失敗しても、多くの人は生きていかないといけないわけで、 また、多くの人は生活をしないといけないわけです。 で、多くの人は不幸な目にもあいながら、そこそこ幸せになってたりするわけです...

「自分と言う殻」に閉じ籠ると、就活は失敗しやすい

熱意が伝えることが必要とよく言われるが・・・ なぜ熱意を伝えることが必要かといえば、 1.相手や周りに合わせる意思があること 2.少々の理不尽なことがあっても耐えれるということ があるからだと思う。 採用する側は、採用...

キレイごとに心を動かされるのは、現実が目に見えていないからだ

「公務員になりたいのは、なぜ?」 「地域の人たちに貢献したいからです。」 「地域の人に貢献というと、具体的にはどういうことをしたいの?」 「・・・市役所の窓口で、住民の相談に乗ったりとか・・・」 「ヨドバシカメラの店でお客様の相談に...

就活をこじらせて、「小さめの会社」なら入りやすいと考えないほうがよい

・成長している会社を選ぼう。 ・創業から何年も経っているにも関わらず数人規模の小さな会社は、相応の経営のまずさがあると思われるので避けたほうがよいです。 ・求人情報で新入社員への教育についてOJBOJT(書き間違えてました)としか書...

就職に勝つためには、決定打(決め手)を持ちましょう

実際就職活動はとても不条理なゲームだ。努力を行ったところでスコアが上がる程度はおそらく知れているし、元々そのゲームのスコア自体がほとんど運に任されている。実際に就職活動を終えた人の声を聞いてみたらいい。あれはほとんど運だった、とみんな口を揃...

コミュ障で大手企業に行けなかった時の考え方

僕の就活は零細企業一社内定という最悪の形で終わった。国立中堅電気系というスペックを持っていたが、それをありえない程のコミュ障が帳消しにしてしまった。周りが大手企業に内々定をもらっている中、自分だけ名前も知らない企業へ就職することが恐ろしくて...

大学教授が、就活より研究(授業)といって、就活を認めてくれない場合

http://blog.tatsuru.com/2013/01/12_0952.php >「就活なんか、するな。卒業するまでは大学生として大学での活動に全力を尽くし、卒業してから、その先のことは考えなさい」 >本当は、若者の手助けを...

就職失敗談から、学ぶべきもの /理不尽さと後悔する選択について

志望動機を偽って受かっても、きっといいことはない、と、どこかで強く感じていた。 http://anond.hatelabo.jp/20120229231027 IT業界ではデスマーチが普通にある 就職失敗談から、助言をしてくれる人はた...

就活は婚活(コンカツ)に似ている

就活は婚活(コンカツ)に似ている就活は実は婚活に似てるんです。 フェアな競争とかそういうのと無縁なんです。面接だって、お見合い(顔合わせ)みたいなものなんですよ。だから、内容よりも、会話が成立することが大切だし、フィーリングが合うこと...