就活エージェントは、会社名を教えてくれるだけと思った方がよい

・フレームワークを使ってそこまで複雑ではないWebアプリケーションや簡単なAndroidアプリを個人開発してたぐらいの開発力
・少しだけエンジニアでインターンやってた



しかし、面接は思うように進まなかった。
次第に自分の心も折れてきて、定期的に行っていたエージェントとの面談も話がうまくまとまらないまま停滞気味になり終いにはそのエージェント人が降りて別の人に変わった。

新しいエージェントの人とまた面談を行って色々な企業を斡旋してくれたが、だんだん自分のやりたい事と違う企業や絶対通らないでしょって思うような企業を紹介するようになってきた。
就活エージェントに依存すべきではない


就活エージェントに依存すべきではない

某転職エージェントにお願いしたんだけど最初の3か月間は真面目に探してくれてあとはコンピュータ自動マッチ+アルファになるって説明受けた

2015/02/13 18:03


新卒でも転職でも、3か月売れない人はその後も売れにくいってことで、たいてい3か月はちゃんと相手してくれるけど、それをすぎると、売れない人をどこかに押し込め路線に切り替えてくる場合がほとんどだと思った方がよい。

どこかに押し込め路線になれば、就活エージェントからアクションがあることはまずない。こちらから強く聞かないと何もしてくれなくなるほど、扱いが変わることも多い。

最初、真面目に探してくれる場合は、何らかの売れる要素を持った人が多いと思う。しかし、3か月売れないという場合は、何らかの問題があることが多いと思う。多くの場合は、面接がダメということだと思う。

最初から真面目に探してくれずに、適当なマッチングされる人もいるのも事実。

新卒の場合の3か月は取り返しがつかないので、特に気を付けた方がよい。
転職の場合は、再度転職をやり始めたとおもって気持ちを切り替える程度の犠牲で済むのとは大違いだと思う。

※実際には3か月で無くて1か月ぐらいで見捨てられる場合もある

面接が苦手、面接受けが悪い人は、就活エージェントに依存すると泣く

就活エージェント依存する人は、覚悟がないというか切迫感がないので、ますます面接に受からないとかそういう泥沼にはまる可能性さえある。

求人出してなくても、電話で聞いてみる

就活エージェント経由で、面接とか受けれるところは、直接応募でも受け付けてくれたりするので、電話で聞いてみるのもよいと思う。

求人していないですか?って・・・。
履歴書送ってくださいとなれば、書類選考にまでこぎつけたことになる。

就活エージェントの場合は、書類選考らしきことを就活エージェント側の方でやる場合がほとんどですが、書類選考は問題なく通る人はそんなのはあまり関係ないと思います。

書類選考 - 面接

就活エージェントでなかなか決まらない人は、面接がダメな可能性が高いと思う。

就活エージェントが無理っていっても

実際に受けてみれば、受かる人も少数だがいるので、自身の判断も重要だと思う。
状況によるが、無理だといっても、受けたいといえば受けさせてくれる就活エージェントも多いです。

無理だと判断しているのが
・書類選考(企業が求める条件に合わない)
・面接(企業が求める人物像で無い)
の2面があるかと思います。

ただ、就活エージェントはプロなんだけど、紹介先の業界の業務に関しては素人で、よく理解してない状況で上記判断していることがあるので、就活エージェントの判断が間違っていることもあるからです。

就活エージェントは、就活の基本的に一般論しか言えないプロだと思った方がよい

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
また、コメント欄には、必ず日本語を含めてください(スパム対策)。