ぼくらの就活ノート

本音で語る就職活動のあれこれ

ひと工夫で、NG質問は好印象に早変わりする

就活本に書いてある通りのことをしてたらダメとかいって 「ネット上で就活担当者?」がアレコレいう通りにしてればよいのか?っていう単純な話を考えてみてください。 就活本への信仰が、単に「ネット上で就活担当者?」にすり替わってるだけじゃな...

「絶対、内定できる方法」なんてないのに、つい信じてしまう心理について

この世の中に「絶対」なんてことはないというのは分かっていても、ついそういう記事を信じてしまうのが人間かとは思う。 これ、「絶対に儲かります」だと怪しいとおもえても、「絶対に内定できる」だと、そんなに怪しく思えないんですね。 これ...

「若手から活躍できます」という言葉の意味を考えて、会社をえらぼう

「若手から活躍できます」というのが、売り文句になるとまずは会社の人事か広報が考えているという部分で、その会社の社風を計るべきかと思います。 昔は、意外とそういう、うたい文句が人気があった気がするんですが、今時はみんな「賢い」ので、人気...

会社見学は、選考に関係ありませんというのは嘘なのか?!

私が入社した会社は選考がある程度進んだ段階で、会社見学というものがある。 選考には関係ありませんので、都合がつけばお気軽に参加下さいというやつだ。 人事がいる本社ではなく、支社(現場)に行くだけだし、かなりの人数が参加するので当時の私は...

求人の「週休二日制」というのは、世の中の人が考えるものとは違う可能性がある

世界中で「1週間に5日間働いて2日休む」という週休2日制度が導入されており、週末が近づくと「もうすぐ休日!」と1週間の終わりを感じるわけですが、そもそも「1週間」という周期が自然な周期ではないということがThe Atlanticで指摘されて...

地雷がありそうな「キーワード」

「自由な社風」 なんて会社は存在しませんし、もし求人広告に書いてあったら全力で逃げ出してください。 「自由な社風」なんて存在しない ・自由な ・アットホームな雰囲気 ・安定性 ・成長できる ・成長を実感できる ・経験を積...

心理的圧迫をかけて判断を促す会社は、お勧めできない

どんなに、マトモで正しそうなことを言っていても、 社会人経験のない学生に、心理的圧迫みたいなものをかけて 判断を促す会社は、個人的にはお勧めできないと思います。 この手の手法は、若者が騙されやすい手法の一つなので、特に気を付けた方...

就活エージェントは、会社名を教えてくれるだけと思った方がよい

・フレームワークを使ってそこまで複雑ではないWebアプリケーションや簡単なAndroidアプリを個人開発してたぐらいの開発力 ・少しだけエンジニアでインターンやってた しかし、面接は思うように進まなかった。 次第に自分の心も折...

「学生時代に力を入れたこと」は、平凡でたわいもない話で十分です

平凡でたわいもない話を、採用担当所に読ませる文章として書くことが重要です。 まず、なぜ平凡でたわいもない話である必要があるのかというと、 多くの学生は平凡で普通なので、そんなにすごいイベント(出来事)ごとが起こったりすることはないか...

間違って、ブラックな会社に入ってしまった場合の話

ブラックな企業 本当にブラックな企業に多いのは、入社1日目でやめていく人たちです。まあ、マトモな人は、1日目に逆にやめていくんですよ。 入るまで分からなかったのか?と不思議に思うでしょうが、本当にブラックな企業は、入社後に条件を平気で変...

就活で、鬱に苛まれたり自殺しようと思ったりするのは、「キレイな嘘」が原因かも

流れに乗って生きていくのには、あまり強さは強さは必要ないけど その流れに乗れない、弾き飛ばされた人は、強さ(覚悟)がないと生きていけないというのが現実だと思う。 まあ、現実を認識して、覚悟を決めるまでは多くの人ができると思うんだが、...